劇団員にとってのグルメ

あなたは劇団員ですか?

となると、なかなかお小遣いも少ない中でやりくりしているでしょう。

私も昔劇団に入っていたのでわかります。

今は会社員をやっています。

さて、その中で毎日の食事ですが

少ないお小遣いでどれだけ満足な食事をするか考えることが多いでしょう。

最近は安く食事を済ませることができることが多くなってきたので、大変便利ですね。

マクドナルド、吉野家、すきや、松屋、コンビニでも安く食べられます。

でも一か月に一回ぐらいは贅沢な食事をとった方がいいですよ。

その方が、役者にとっていい体験ができるからです。

役者にとって体験は財産です。

何事もやってみないことには、その人の気持ちは想像できるものではありません。

もしあなたが本当に一流の役者を目指しているなら、様々な体験から逃げるべきではありません。自分から進んで、見つけてください。

食事にとってもそうです。こんなもの食べたことがなかった。

もしくは会社員の人でもこんなものは食べたことがないというような食事をしてみてください。きっと世界が広がります。

たまにはこんな食事を

あなたが劇団員なら、人脈はきっと多いことでしょう。

芸能の世界というのは人脈で仕事をつかむことも少なくありません。

誰かとご飯を食べるという機会もきっと多いことでしょう。

そこで新しい人と出会って、意気投合することも多いことでしょう。

そういう時に、いい食事をとるというのもやはり大切ですよ。

比較する対象が大きいかもしれませんが、政治家たちや会社の社長クラスの人たちも、商談をするときには一流の料亭やホテルの飲食店などで行います。

いい食事を共にするという事はお互いの心にゆとりが出来て

いい関係を築くことにもつながります。

劇団に入っているとなかなか財布の中身が厳しいこともあるでしょうが

こういう事も一度考えてみてください。

たとえば忘年会や新年会、打ち上げなど

特別な時には特別な食事をしてみる。そんなことがあなたの仕事を

より広げていく結果になるかもしれませんよ。

ホームパーティでいい食事を

もしあなたが劇団員なら、ホームパーティを開くのひとつかもしれません。

おもてなしの気持ちを持って、客人を迎え入れるとその心も伝わるものです。

そのホームパーティは、楽しみたいだけだから開催していることではないでしょう。きっとその客人たちとこれからいい関係を続けたい、発展させたいと思っているから開催しているのでしょう。そうすればその客人をもてなすことによって、その目的が果たされるかもしれません。

先ずは食事が大事でしょう。何を作るか、どういう風に作るか。これはとても時間かかったよなと思わせるような食事を出すことで客人たちはその心を受け取ってくれるでしょう。

あとは雰囲気。BGMをかけるとか、装飾をするとか。

また初対面の人たちもいるかもしれませんから、席作りに気を使うなど、できることはたくさんあります。

大事なのはその客人たちをもてなそうという気持ちです。そして、その結果、考案したメニューや、実際に提供した食事、そしてその場の雰囲気に、その気持ちが現れます。

ぜひその気持ちを持ってホームパーティの場を作ってみてください。

劇団の制作って大事

舞台をやったことがある方なら、制作さんの大切さというのはよくわかっていることでしょう。制作さんは実に働き者です。役者たちが気が付かないところで働きます。お客さんが満足して会場を後にするために、実に細やかな気の遣いをしています。

その中でもしかしたら、あなたも制作の経験があるかもしれません。役者と兼任という事もあるでしょう。その場合、とても大変ではないですか?

役者としても自分の役作りについて考えないといけないし、楽屋も作らないといけないし、その中で劇場に入ったら制作の仕事をするというのはとてもきついものです。

しかし、制作さんは舞台では必ず必要です。ですからあなたは通常の努力よりも、さらに努力する必要があるでしょう。時間は有限ですから、さらにその時間を有効に使えるよう工夫し、労働時間を増やさなければなりません。

これは容易なことではありませんので、頑張るという気合だけでは何ともなりません。頭を使って、時間を捻出することが大切です。

制作さんが劇場でやる作業

制作さんが劇場でやる作業と言えば、たくさんありますが、まずは受付業務でしょう。開場時間から開演時間まで例えば30分だったとして、その間にお客さんの応対をしなければないりません。お金を頂戴して、すべてのお客様の劇場内に案内してお席に誘導しなければなりません。この30分は制作さんにとっては試練です。とてもしんどい時間になりますが、ミスは許されません。開演時間になってもまだ列ができているなんてことになったら、時間を押してしまいますから、このようなことがないように準備をします。そのためには十分な下準備をしておくことです。家でできることはやっておく。劇場に入ったらすべての準備が整っているというぐらいでちょうどです。劇場に入ったら時間があると慢心しないでなるべく早く仕事を済ませましょう。

また役者さんやスタッフさんが食べるご飯の用意も大切です。時間も現場やいつ終わるか大体の目安のタイムテーブルが出ていても変更が出るものです。こちらも十分な下準備をして、なるべく早くお弁当が届くように手配をかけておきましょう。

顧客管理はインターネットで

舞台の制作さんにとって顧客管理は重要な仕事です。今日はどのお客様がいらっしゃるか、一枚の表にわかりやすくまとまっていることが、お客さんを時間内にきちんと場内に誘導する大切な仕事となります。

最近はインターネット上の管理システムを利用することが多いでしょう。そこに予約がすべて入っていて、劇場に入ってから、もしくは家を出る直前にそのリストをダウンロードして持ってくるという流れになるでしょう。予約は直前まで変化するものですから、どうしても直前になります。それは仕方ありません。ですからそれに対応するために、劇場でもインターネット環境が整っている必要がありますので、WiFiや無線LAN環境は必須になります。WiMAXやイーモバイルといった端末を事前に契約しておいて、持ち歩くようにしましょう。また移動中でも思わぬ仕事が舞い込んでくる可能性があります。たとえばインターネット上に置いている顧客リストから、確認する必要が出てきたりすることです。その場合にもやはり外でインターネットをする必要がありますから、そういう意味でもWiFiは必要になってきますので、必ず持ち歩くようにしましょう。

舞台は総合芸術

舞台は実にたくさんの人間の努力で成り立っています。現場は演出部と役者で成り立ちますが、外部スタッフ、音響照明、舞台美術、衣装、ミュージカルの場合は音楽監督、さらに制作部と様々な部署がどのような舞台を作り上げるか考えて、事前に打ち合わせをし、創り上げて行きます。その際に大切なことと言えば、やはり協調性です。舞台は協調性がない人間では成り立ちません。様々な人間が様々なことを考えて意見を持ち寄るので、自分の意見だけを通していたのでは成り立ちません。必ず聞く耳というものを持って、自分の意見と人の意見が食い違った場合に一度受け入れてみるという心を持ちましょう。そうした場合、思わぬ発想が出てくる場合があります。自分の中になかったイメージというのが膨らむときがあります。それこそが本当に面白い瞬間であり、舞台の醍醐味であるとも言えます。舞台は総合芸術ですので、自分がすべて抱えているわけではありません。他人という別の人格と一緒に作り上げているんだという意識を持って、意見交換して、新しいイメージを作り上げていくと、きっといい舞台が出来上がるでしょう。

劇団員もたまにはおしゃれを

劇団員とおしゃれの関係について述べたいと思います。劇団員と言えば、お金がないというところがあると思います。舞台をやるにはお金と時間がかかります。アルバイトをしながら舞台を続けちえる人も少なくないでしょう。それだけやりがいのあるものであるともいえますが、ある程度の贅沢も必要です。

舞台に立つためには演技という芸が必要ですから、芸を磨くためにはいろいろな勉強をするべきなのです。恋愛もそうですし、様々なことにチャレンジすることで演技の幅を広げることができます。

恋愛をするためにはモテなくてはいけません。まあ、モテなくても恋愛できるという人もいるでしょう。しかし異性を引き付けるにはファッションに気を遣った方が、確率は高まるものです。

劇団員もたまにはおしゃれをしましょう。COGUの腕時計なんてどうでしょう。イタリアのグッチ一族のデザイナーのブランドでありながら、比較的手の届く腕時計が用意されていますよ。

劇団員は親孝行も必要

劇団員の親はどういった心境になるでしょうか。子供はやりたいことをやればいいと考えている人もいるでしょう。夢を達成させてあげたいと考える人もいるでしょう。しかし、将来が心配という方も多いのではないでしょうか。

劇団員はお金を持っていないというのは通説ですが、実際部隊の稽古のためにアルバイトができない期間があり、親に少し援助をしてもらったという人もいるでしょう。

このようなことができない人もいますし、反対にどんどん援助してくれる親を持っている人もいるでしょう。家庭にもよりますが、このような状況というのはとてもありがたいものです。

私が言いたいのは、たまにはこういった援助をして支えてくれる親に親孝行を定期的にしましょうということです。こういった自分のやりたいことを刺させえてくれる親というのはありがたいものです。

たとえば父の日にダンヒル財布を贈ってみるとか、母の日にツモリチサトの財布を贈ってみるとか。驚くようなものを贈ることで、お返しをすることをやっておいた方が公開せずに済みますよ。

女性の劇団員は外見に敏感に

劇団員というのは舞台の上で芝居をしたり、パフォーマンスをする人がほとんどでしょうから、外見には気を遣う方がいいです。当たり前のことですが人から見られる仕事であることをお忘れなく。

キャラクターにもよるでしょうけど、最低限の美容ケアというのは必要であると感じます。まず一つはお肌のお手入れ。乾燥肌であったり、シミが出来たりとか、特にGW越えて紫外線が強くなってくる季節では、お肌の手入れをして、人前に立つのが恥ずかしくないようにしておかなくてはなりません。劇団員はお金がないというのも有りますが、こういうところにはお金をかけるべきです。

後は脱毛。ワキ脱毛とか足脱毛とか。人前に出てむだ毛が多いというのは女性としては致命的。しっかりと毎日の処理を怠ることなくやるべきです。もし毎日やるのが大変という場合はレイビスなどの脱毛サロンに行って、お金をかけて脱毛するというのも有りです。脱毛サロンは永久脱毛ではありませんが、長く通えばそれに近いだけの効果はあるようですので、こういうところにもお金をかけるべきなのです。